SPORTSHOWROOM

Archive

J Force 1 x Jacquemus

AF1を一変させた洗練されたコラボレーション。

Nike J Force 1 x Jacquemus
© Nike / Jacquemus

新たなパートナーシップの始まり

ナイキは2022年、フランスのファッションブランド、ジャクムスとのパートナーシップをスタートさせ、サマーウェアのコレクションを発表した。ブランドはこの後すぐに、大胆なピンクのもう一足を発表し、オリジナル・コレクションが単なる一過性のものではないことを示した。当時、ジャクムスは他のブランドとのコラボレーションはあまりしていなかったが、創業者のシモン・ポルト・ジャクムスは、コラボレーションをするならナイキを選ぶと『VOGUE』誌に語っていた。この最初のリリースから、有望な協力関係が芽生え始めていた。

ナイキ/ジャクムス

JF1の初期ティーザー

2023年2月、ファンは両社の新しいコラボレーションスニーカーを初めて目にした。1つ目の画像は、クラシックなAF1のメタルレースダブレーをクローズアップしたものだったが、1つだけ顕著な違いがあった。2つ目の画像は、一対の白いシューレースの端を持ち上げる手が写っている。先端にはレザーのアグレットがあり、ナイキのスウッシュが刻印されている。つまり、以前のコラボレーションを知る人なら、ナイキとジャクムスが共同で新しいモデルを準備していることが推測でき、シューレースのダブレーに見覚えがある人なら、それがエアフォース1である可能性が高いこともわかるだろう。それ以外は何も明らかにされていない。

© Nike / Jacquemus

エアフォース1のスピリットを持った洗練されたシューズ

このティーザーの数日後、いくつかのファッション系ウェブサイトは、彼らが見た写真の背景に写っていたもの、例えば白いレザーのアッパーとメッシュのタン、JF1のブランディング、以前のHumarasを参照したレザーのアグレットなどに注目し、新モデルについて推測を始めた。その後、両ブランドともコラボレーションに関する新たな情報を発表することはなく、事態は静まり返った。それから数カ月後の5月28日、ナイキはインスタグラム・ページに、このスニーカーに再び注目が集まるような投稿をした。その投稿は、白砂の砂漠のような場所の真ん中に立つ、黒いスーツを着た女性たちの列をパンする1本の動画で構成されていた。端のモデルが反対方向を向いている以外は、全員が一方向を向いている。背景には力強い風の音が聞こえ、映像の最後には、ジャクムスの名前の上にナイキのスウッシュという二重のブランドマークが映像の真ん中に白く浮かび上がった。もちろん、モデルは全員新しいJF1を着用していたが、その距離ではディテールを確認することは不可能だった。コメントにはシンプルに「AF1のスピリットを持った洗練されたシューズ。ナイキ&ジャクムスのJフォース1。このメッセージは、このスニーカーがエアフォース1であることを改めて示すと同時に、ジャクムスのウェアがすでに有名である洗練されたデザインであることを示唆している。

© Nike / Jacquemus

近づいて見る

ナイキのティーザーからわずか2日後、ジャクムスは自身のインスタグラムに新しいシューズについて投稿した。今回は、発売される2つのカラーウェイをクローズアップし、どんなシューズなのかをより深く知ることができた。投稿は7枚の画像で構成されており、そのうちの2枚は黒いスーツを着たモデルが並ぶナイキのビデオの砂漠のシーン、2枚は薄い水の層の上に置かれた椅子に座ったモデルたち、1枚はオールブラックのカラーウェイ、1枚はオールホワイトのカラーウェイ、そして最後の1枚は両方のシューズが写っている。これらの写真でようやく、AF1にインスパイアされたアッパー、穴のあいたトゥボックス、脇腹の繊細なメタルのスウッシュなど、モデルの全体像を見ることができた。また、このスニーカーのユニークなラバーアウトソールもはっきりと見ることができた。アッパーと接続するためにエッジからナイロンレースが編み込まれ、多くのAF1のようなピボットサークルではなく、ナイキのワッフルソールに似たグリップパターンが施されている。ジャクムスのコメントには、ナイキの作品に対するデザイナーの愛と、このプロジェクトとの個人的なつながりが表れている。彼はまた、デザインの背後にあるインスピレーションについて書き、このシューズを「非常に有名なAIR FORCE 1とNIKE ACG TERRAのハイブリッド」と表現した。ジャクムスは、以前ナイキと仕事をした際、ACG(オール・コンディションズ・ギア)ラインを高く評価していた。ACGは80年代後半に発売されたシューズシリーズで、人間と野生とのつながりに着目し、さまざまなアウトドア環境で履ける頑丈なシューズを作った。そのモットーは「地球上でデザインされ、テストされ、作られた。この事実が明らかになれば、人気デザイナーがナイキとの初コラボレーションにHUMARAを選んだ理由がわかる。実際、インスタグラムに投稿された画像も、野生のロケーションを舞台にしたものばかりで、この観点からも納得がいく。JF1のデザインは、ナイキの卓越した技術力に依存することで、ナイキのACGラインの機能性をコラボレーションに取り入れたいという彼の願望も反映されていた。

© Nike / Jacquemus

発売日が決定

以前のソーシャルメディア投稿と同様に、これらの新しい投稿はスニーカー界全体に憶測と興奮を巻き起こした。他のウェブサイトでは、ジャクムスのインスタグラムの投稿で設定された発売日(Jacquemus.comでは6月13日、世界中の一部のナイキストアでは6月21日)に注目が集まった。同時にSNKRSアプリでも発売された。ナイキが次にインスタグラムに投稿したのは後者の日付で、今度は前の画像と同じ広大な景色の中で撮影された3枚の写真が投稿された。そのうちの2枚には、このシューズの意図する外観に合うように、洗練された黒のスーツを着たモデルが写っている。前回と同様、彼らは椅子に座り、時には立ち、JF1を履いている。3枚目の写真は、Jフォース1を3足重ねたもので、2足が白、間に黒が1足入っている。コメントはまたシンプルで洗練されたものだった。控えめに。控えめに。

© ナイキ / ジャクムス

豪華な機能と上質なディテール

ナイキ エア フォース 1 x ジャクムスは、発売と同時に、ナイキのデザイン力とジャクムスが得意とする洗練されたミニマルなルックが融合したエレガントなスニーカーとなった。二人の初コラボレーションに際して『VOGUE』のインタビューに応じたナイキは、シモン・ポルト・ジャクムスのスタイルの「官能性」と「感情」への賞賛を表明していた。これらの特徴は、メタルのスウッシュ、レザーのアグレット、ヒールパネル、タン、インソールのさりげない2つのブランドロゴ、アウトソールの反転したジャクムスの文字とナイキのスウッシュといった細かいディテールの形で、明らかにJF1に浸透していた。JF1を「ユニセックスJフォース1スニーカー」と表現したジャクムスのウェブサイトは、これらの特徴に加え、「シルバーのリサイクルメタルJF1ダブレー」、「AF1ヴァンプパーフォレーション」、「手編み構造」を強調している。一方、ナイキのウェブサイトは、このシューズを「洗練と遊び心のあるウィット」と表現し、デザイナーのジャクムスを「現代のシュールレアリスト」と紹介している。また、このシューズの「ラグジュアリーなタッチ」と、反転したアウトソールのロゴが「足を上げたときに正しく刻印される」ことに注目し、ソールとアッパーをつなぐ特徴的な紐を改めて強調している。"改良されたAF-1のアッパーをソールに手編みすることで、どこに行っても目立つシューズが誕生した"。

© Nike / Jacquemus
© Nike / Jacquemus

オリジナルのAF1シルエット

ナイキとジャクムスのコラボレーションによるエアフォース1は、AF1のクラシックなルックスと、フランスで最も有名なファッションデザイナーのセンスと洗練を融合させ、完全にオリジナルなモデルを生み出した。Jフォース1を作るにあたり、ジャクムスは、このシルエットに独自のスピンを加え、このアイコニックなスニーカーのストーリーに、彼自身と彼のブランドの居場所を作った。

もっと読む

SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

継続

国を選択

ヨーロッパ

アメリカ大陸

アジア太平洋

アフリカ

中東