SPORTSHOWROOM

フィルターオン

  • 並べ替え

  • 性別

  • ブランド (Jordan)

  • コレクション (6)

Jordan 6

Jordan

6

クラシックなスポーツカーにインスパイアされたジョーダン・スニーカー。

見る
Jordan 6 Retro GORE-TEX FD1643-300
  • Jordan
  • 6 Retro GORE-TEX
  • "Brown Kelp"
  • ¥16.400
Jordan 6 Retro CT8529-170
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Yellow Ochre"
  • ¥20.000
Jordan 6 Retro CT8529-112
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Reverse Oreo"
  • ¥24.740,71
Jordan 6 Rings 322992-140
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "True Blue"
  • ¥17.800
Jordan 6 Rings 322992-165
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "White & Team Red"
  • ¥21.300
Jordan 6 Retro CT8529-410
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "UNC Home"
  • ¥22.476,85
Jordan 6 Retro CT8529-100
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Cool Grey"
  • ¥19.532
Jordan 6 Retro CT8529-012
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Georgetown"
  • ¥26.800
Jordan 6 Retro CT8529-004
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Aqua"
  • ¥20.100
Jordan 6 Retro x Travis Scott CN1084-200
  • Jordan
  • 6 Retro x Travis Scott
  • "Medium Olive"
  • ¥56.111,28
Jordan 6 Retro 384664-160
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Carmine"
  • ¥28.700
Jordan 6 Retro 384664-060
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Black Infrared"
  • ¥39.617,47
Jordan 6 Rings 322992-009
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "Wolf Grey"
  • ¥25.000
Jordan 6 Retro DX2836-001
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Chrome"
  • ¥37.412
Jordan 6 Retro CT8529-600
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Toro Bravo"
  • ¥20.700
Jordan 6 Retro CT8529-141
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Midnight Navy"
  • ¥20.698,11
Jordan 6 Retro CT8529-063
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Bordeaux"
  • ¥31.479
Jordan 6 Retro CT8529-003
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Electric Green"
  • ¥30.562,05
Jordan 6 Retro CT4954-007
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Defining Moments"
  • ¥27.813,08
Jordan 6 Retro 384664-145
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Gatorade"
  • ¥22.400
Jordan 6 Retro 384664-116
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Maroon"
  • ¥33.400
Jordan 6 Retro CT8529-062
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Hare"
  • ¥24.740,71
Jordan 6 Retro Low x PSG DZ4133-008
  • Jordan
  • 6 Retro Low x PSG
  • "Iron Grey"
  • ¥23.200
Jordan 6 Retro x Travis Scott DH0690-200
  • Jordan
  • 6 Retro x Travis Scott
  • "British Khaki"
  • ¥37.030,21
Jordan 6 Retro CT8529-162
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Red Oreo"
  • ¥24.000
Jordan 6 Retro CT5350-401
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Washed Denim"
  • ¥21.188
Jordan 6 Retro x Paris Saint-Germain CK1229-001
  • Jordan
  • 6 Retro x Paris Saint-Germain
  • "Iron Grey"
  • ¥34.500
Jordan 6 Retro AA2492-021
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Chinese New Year"
  • ¥38.959
Jordan 6 Retro ‘All-Star’ 907961-015
  • Jordan
  • 6 Retro ‘All-Star’
  • "Chameleon"
  • ¥38.380
Jordan 6 Retro 717302-600
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Slam Dunk"
  • ¥75.000
Jordan 6 Retro 384664-705
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Wheat"
  • ¥28.800
Jordan 6 Retro 384664-020
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Black Cat"
  • ¥42.800
Jordan 6 Retro 384664-006
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "UNC"
  • ¥49.761
Jordan 6 Rings 322992-062
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "Bred"
  • ¥19.856
Jordan 6 Rings 322992-016
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "Space Jam"
  • ¥31.800
Jordan 6 Low 304401-123
  • Jordan
  • 6 Low
  • "White & Infrared"
  • ¥29.600
Jordan 6 Retro DQ4914-103
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Mint Foam"
  • ¥16.493,81
Jordan 6 Retro DM9045-100
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Washed Denim"
  • ¥12.471
Jordan 6 Retro DH9696-100
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Gold Hoops"
  • ¥34.300
Jordan 6 Rings DD5077-107
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "Motorsport"
  • ¥15.013
Jordan 6 Retro DB9818-001
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Singles Day"
  • ¥20.461
Jordan 6 Retro CI6293-416
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Doernbecher"
  • ¥143.351
Jordan 6 Retro CI4072-001
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Reflections of a Champion"
  • ¥33.796,13
Jordan 6 Retro 384664-400
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Diffused Blue"
  • ¥40.000
Jordan 6 Retro 384664-113
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Alternate Hare"
  • ¥22.200
Jordan 6 Retro 384664-104
  • Jordan
  • 6 Retro
  • "Tinker"
  • ¥25.900
Jordan 6 Rings 322992-104
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "Concord"
  • ¥19.372
Jordan 6 Rings 322992-014
  • Jordan
  • 6 Rings
  • "Cool Grey"
  • ¥27.241

Air Jordan 6

1990年までに、マイケル・ジョーダンは史上最高のバスケットボール選手としての地位を確立していた。一方、ティンカー・ハットフィールドは、彼のスニーカーラインを、リリースのたびに世界的な賞賛を浴びるまでに高めていた。しかし、NBA優勝という栄冠はまだ手にしていなかった。'90-'91シーズンに向けて、ジョーダンはこれまで以上にタイトルを獲得する決意を固めており、ティンカーはそのためのツールを彼に提供することに熱心だった。その結果、ジョーダン6が誕生した。技術的に優れたバスケットボール・トレーナーは、MJを頂点へと導いた。

エア・ジョーダン6は、1991年のオールスター・ゲームで初めてコート上に登場し、マイケルはブラック・インフレッドを着用した。このヌバックで覆われたスニーカーは、スポーツブルー、マルーン、ホワイト・レッドとして知られる、主にホワイトのレザーで覆われた3つのカラーリングとともにリリースされ、それぞれミッドソールとブランドロゴにカラフルなハイライトが施された。オリジナル・セットを完成させたのは、対照的な赤と白の配色が特徴的な「カーマイン」だった。

マイケルがAJ6を履いてNBAのタイトルを獲得した後、彼のスニーカーは新たな人気を獲得し、2000年に最初のジョーダン6レトロデザインが登場した。チームUSAのカラーである青と白に赤のアクセントを効かせたオリンピックと、1991年のシューズとカラーブロッキングは似ているが、より濃い色合いの青が白のアッパーを際立たせるミッドナイトネイビーがあった。その2年後、ジョーダン6ローとウィメンズのデビューモデルが発売された。2002年には、ピンクとグレーのアクセントを効かせた真っ白なコーラルローズ、ブラックにメタリックシルバーのニュアンスを効かせたクローム、そしてエレガントなユニバーシティブルーの3種類のロートップが発売された。

1991年のMJのNBA優勝を記念して、ブラックとゴールドのエアジョーダン6が登場した翌年、ジョーダン・ブランドは、ジョーダン6リングスモデルをアップデートすることで、MJの6度の優勝すべてを記念した。その最初のカラーリングは、白、黒、赤のクラシックなブレッドの配色を特徴としている。

2008年には、ジョーダン6 OGの新しいエディションとともに、リングスのコンコードバージョンが作られた。北京大会を記念して作られたもう一つのオリンピックモデルと、カウントダウンパックの一部として登場したレトロなカーマインカラーがあった。ブラックの外側にレッドのハイライトと敬意を表すディテールが散りばめられたホール・オブ・フェイムが登場した2009年、MJのキャリアはリングスモデルを通じて再び記憶された。同じ頃、ナイキとドーンベッカー小児病院との慈善パートナーシップにより、ブルーのスエードアッパーに大胆な赤いタンをあしらったエアジョーダン6が発売された。

20年近い成功の後、2010年にはジョーダン6が急増した。新しいクリートバージョンとともに、オールブラックのカラーウェイと、ロッキータンと名付けられたもう一つの上品なベージュのイテレーションで、冬仕様のリングモデルがリリースされた。そして、Infrared PackはOGの2つのカラーウェイを復活させ、Varsity Redはクラシックな黒のスニーカーにバリエーションを与えた。さらに、1991年のMJのNBA制覇に関わったチームを称えた3つのデザインも登場。ピストンズはブラックのアッパーにレッドとブルーのエレメント、レイカーズはグレーとブラックのアウターにパープルとイエローのステッチ、ブルズはホワイト、ブラック、レッドの色合いが特徴だ。2010年の特筆すべきリリースを締めくくるのは、まだら模様が特徴的なブラックとホワイトのオレオと、マイケルのレーシングチームをイメージしたモータースポーツだ。

2012年には、オールホワイトのアッパーにゴールドのパーツとアメリカ国旗をモチーフにしたインソールをあしらった、オリンピックにインスパイアされたカラーリングの「ゴールデン・モーメンツ」と、ミッドソールのカラーグラデーションからそう呼ばれる「ピンク・フラッシュ」または「レインボー」が登場した。2013年には、ジョーダン・ブランドが2014年にエアジョーダン6のカラーバリエーションをさらに拡大する前に、リングスホーネッツのカラーリングが登場した。印象的なオールレッドのアッパーを持つ「Infrared 23」、ターコイズブルーとピンクのハイライトを持つ「Game Royal」、深いグリーンの「Champagne Bottle」と「Cigar」エディション、どちらもチャンピオンリングのレースロック、そしてアッパーに日本のアニメのグラフィックをあしらった人目を引く「Slam Dunk」。一方、ブラジルはチャコールを基調に、鮮やかなライムグリーンのアクセントを加え、AJ6 SpizikeHistory of Jordanはアッパーにリッチレッドのレザーを使用している。2014年には、ホワイトとパープルのグレープや煌めくシルバーのバレンタインデーなど、キッズ限定モデルも多数リリースされた。

2015年には、ジョーダン6が専用のソールユニットを備えたゴルフシューズにアレンジされ、白と青のアウターがシアトル・シーホークスを連想させるゴースト・グリーン、OGハイトップを模したホワイト・インフレデッド、2002年クロームモデルのローカットバージョンなど、従来型のロートップがいくつか登場した。そして2016年、スタイリッシュなハイトップが登場した。ブラックキャットのカラーリングは、すでに他の多くのジョーダンに採用されていたが、シルエットに初登場し、ピナクルは忘れがたい輝きを放つゴールドで登場した。また、クールグレー、セメントグレー、グリーングロー、そしてパープルダイナスティと呼ばれる濃厚なパープルなど、くすんだ色合いが特徴的な洗練されたデザインも登場した。

2017年も同様に、玉虫色のGotta ShineやChameleon、そしてNBAオールスターウィークエンドを記念して作られたガールズのHeiressで幕を開けた。他には、ジョーダンの母校であるノースカロライナ州の淡いブルーをAJ6に取り入れたUNCと、レザーで覆われたオレンジとスエードで覆われたグリーンの2種類のGatoradeスニーカーが作られた。豪華なスエードを使用したもう1つのスニーカーはお洒落なウィートで、フライトジャケットはシルキーなナイロンアッパーに変更された。オルタネート91は、1992年のジョーダンのCMでバッグス・バニーが履いていたAJ7に似ていることから、オルタネート・ヘアとして知られることもあるが、より伝統的なルックを目指し、パントンはライトブルーのタンブルレザーのアッパーでAJ6にある種の気品をもたらした。これらに加え、ハイパージェイドと ハイパーピンクは、それぞれホワイトとブラックのバージョンを提供し、どちらも鮮やかな色のジャンプマンロゴがあしらわれていた。また、ミントフォームのロートップは、チャコールカラーのアッパーにパステルグリーンのヒントをあしらったデザインを提供した。

2018年は、戌年を祝う花柄をあしらった旧正月エディションで幕を開けた。さらに、NBAのスター選手、ジミー・バトラーに敬意を表して作られた「ティンカー」と魅力的な「ディフューズド・ブルー」、そして「スペース・ジャム」のリングスバージョンが加わった。2019年には、フリントグレーとして知られるファン人気の高いAJ7のカラーウェイがジョーダン6に適用され、古いカラースキームへの回帰からフライトノスタルジアというニックネームが付けられた。ブラックとホワイトの外側にネオンブルー、ピンク、イエローのポップなカラーをあしらった「サウスビーチ」、ミッドソールにマルチカラーの斑点が散りばめられた「コンフェッティ」または「ペイントスプラッター」、なめらかなアッパーの「ブラックアイス」など、リングスモデルがさらに登場した。一方、「リフレクションズ・オブ・ア・チャンピオン」はシルバーのアッパーに3Mの反射素材を使用し、「ウォッシュド・デニム」は2色のブルーを基調としたテキスタイルを採用している。そのほか、キャンバス地のサイドウォールにカラフルなグラフィックをあしらった「グリーン・アビス」、鮮やかなティールカラーのアンダーレイヤーと対照的なブラックのオーバーレイが特徴の「ターボ・グリーン」なども、2019年の注目作だ。

新たな10年に突入した2020年には、Defining Momentsのカラーリングや、オールグレーのアッパーと半透明のアウトソールを備えた洗練された3Mなど、さらに多くのリングスモデルがリリースされた。これらと並んで、アッパーのグラフィックが花とバスケットボールをエレガントに融合させたシングルスデイや、黄色いバラの装飾からフローラルとも呼ばれるシトロン・ティントなど、記憶に残るエアジョーダン6レトロが登場した。そして、ライトスモークグレーのスエードが脇腹にあしらわれたテッククローム、ニュートラルグレーとホワイトのアッパーがAJ7の人気カラーをオマージュしたヘアーがある。

2021年にエアジョーダン6の30周年を祝うために、ジョーダン・ブランドは、様々なスタイルのスニーカーをリリースし、リトル・フレックスや17 23のような新モデルを発表した。ヒー・ガット・ゲームとして知られるリングスのブラック&ホワイト・エディションは、アトモスフィアと呼ばれる別のライトパステル・ピンクのものとともにリリースされた。ロートップのDongdanも登場し、その印象的なカラーグラデーションが夏らしい美しさを醸し出している。また、ホワイトとBarely Roseのアッパーにゴールドのリングのチェーンを取り入れたGold Hoopsや、洗練された配色のAJ7にインスパイアされたBordeauxのようなハイトップも登場した。他にも、エレクトリックグリーンは、ブラックのヌバックのアッパーとネオングリーンのアクセントによって、2018年のオレゴン・プレイヤー・エクスクルーシブを思い起こさせた。

ジョーダン6のこの力強い走りは、ウォッシュドデニムのセカンドバージョンで2022年まで続き、マグネットとカレッジネイビーのジョージタウン、白、黒、ユニバーシティブルーの魅力的なトーンミックスを見せるUNCホーム、ユニバーシティレッドの斑点模様が特徴のレッドオレオ、ティールブルーのアクセントでティファニーブルーと呼ばれることもあるミントフォームなどのデザインもある。マーケット大学とハワード大学には、ヴィンテージのバーシティジャケットをモチーフにしたPlayer Exclusiveモデルが用意され、オフホワイトのアッパーに派手なゴールドのパーツをあしらったLunar New Yearとともに、Atmosphereのロートップ・バージョンが作られた。プレイオフと チェリーには、ジョーダンのアイコニックな色である黒、白、赤が使われている。2023年には、同様のAJ5に影響を受けたオールレッドのスエードアッパーのToro Bravoや、OG AJ8のカラーリングに似たAquaなど、クラシックな配色のデザインがさらに登場した。同年、クールグレーはグレーとホワイトのレザーを上品にミックスし、ブラウンケルプは防水ゴアテックスメンブレンをアッパーに採用した。

エアジョーダン6の人気が何度も証明されるにつれ、様々なクリエイティブなコラボレーションに使用されるようになった。最もエクスクルーシブなもののひとつは、ジョーダン・ブランドとアメリカのラッパー、マックルモアとの2014年のパートナーシップで、彼は合計5つのカラーウェイをデザインし、そのすべてが非常に限定的だった。トラヴィス・スコットがミディアム・オリーブを制作し、足首の外側にポケット、ヒールにカクタス・ジャックのロゴ、ソールユニットに暗闇で光るパネルを追加した。流行に敏感な小売ブランドSocial StatusもAJ6に印をつけ、2019年のオールスターコレクションのために動物にインスパイアされたスニーカーを作った。ファッションブロガーでモデルのアレアリ・メイは、優美なミレニアルピンクをデザインし、フランスのサッカーチーム、パリ・サンジェルマンは、PSGのカスタムブランドで飾られたくすんだアッパーのアイアングレーを開発した。翌年、ジョーダン・ブランドはパリのストリートボールイベント「ケ54」の主催者と協力し、「パープル」と「セイルガム」の2つのカラーウェイを作り、トラヴィス・スコットはアースカラーの配色で「ブリティッシュカーキ」と呼ばれる2番目のAJ6を製作した。そして2023年、PSGはアイアングレーのロートップ・バージョンを作り、ニッキー・ミナージュとのコラボレーションで、彼女の2014年のアルバム『The Pinkprint』をモチーフにしたシックなAJ6の画像が出回った。

エアジョーダン6は、多くの点で驚くべきシルエットだ。パフォーマンス技術が詰め込まれ、力強い美学を持ち、大衆文化の重要な一部となっている。しかし何よりも、マイケル・ジョーダンが初めてNBAのタイトルを獲得したシューズとして記憶されるだろう。このことから、ジョーダン6はジョーダンの成功の究極のシンボルであり、スニーカーの歴史のアイコンとして永遠に評価されるだろう。

Jordan 6 のレビューを投稿する
(0)

SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

継続

国を選択

ヨーロッパ

アメリカ大陸

アジア太平洋

アフリカ

中東