SPORTSHOWROOM

フィルターオン

  • 並べ替え

  • 性別

  • ブランド (Nike)

  • ライン (SB)

  • コレクション (Dunk)

  • スタイル

  • コラボレーション

  • バージョン

ブランド

ブランド

ライン

ライン

コレクション

コレクション

スタイル

スタイル

コラボレーション

コラボレーション

バージョン

バージョン

Nike SB Dunk

321件

スケート・ムーブメントを巻き起こしたシューズ。

Nearby
Nike SB Dunk High DO9394-100
  • Nike
  • SB Dunk High
  • "San Francisco Giants"
  • ¥9.900
Nike SB Dunk Low Pro x Jeff Staple BV1310-013
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro x Jeff Staple
  • "Panda Pigeon"
  • ¥107.400
Nike SB Dunk Low HF3704-001
  • Nike
  • SB Dunk Low
  • "Hyper Royal & Malachite"
  • ¥17.000
Nike SB Dunk Low x The Powerpuff Girls FZ8320-400
  • Nike
  • SB Dunk Low x The Powerpuff Girls
  • "Bubbles"
  • ¥45.500
Nike SB Dunk Low HF3704-400
  • Nike
  • SB Dunk Low
  • "Deep Royal Blue"
  • ¥19.700
Nike SB Dunk Low x The Powerpuff Girls FZ8319-300
  • Nike
  • SB Dunk Low x The Powerpuff Girls
  • "Buttercup"
  • ¥34.200
Nike SB Dunk Low ‘City of Love’ FZ5654-100
  • Nike
  • SB Dunk Low ‘City of Love’
  • "Coconut Milk"
  • ¥15.800
Nike SB Dunk Low ‘City of Love’ FN0619-600
  • Nike
  • SB Dunk Low ‘City of Love’
  • "Burgundy Crush"
  • ¥13.400
Nike SB Dunk Low x The Powerpuff Girls FD2631-600
  • Nike
  • SB Dunk Low x The Powerpuff Girls
  • "Blossom"
  • ¥39.600
Nike SB Dunk Low x TIGHTBOOTH FD2629-100
  • Nike
  • SB Dunk Low x TIGHTBOOTH
  • "White & Black"
  • ¥24.117,20
Nike SB Dunk Low Pro ISO ‘Orange Label’ DV5464-500
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro ISO ‘Orange Label’
  • "Court Purple"
  • ¥22.700
Nike SB Dunk Low x Yuto Horigome FQ1180-001
  • Nike
  • SB Dunk Low x Yuto Horigome
  • "Wolf Grey"
  • ¥31.000
Nike SB Dunk Low x Born x Raised FN7819-400
  • Nike
  • SB Dunk Low x Born x Raised
  • "One Block at a Time"
  • ¥62.300
Nike SB Dunk High x Pawnshop FJ0445-001
  • Nike
  • SB Dunk High x Pawnshop
  • "Old Soul"
  • ¥9.100
Nike SB Dunk Low x Sandy Bodecker FD8777-100
  • Nike
  • SB Dunk Low x Sandy Bodecker
  • "eBay"
  • ¥12.616
Nike SB Dunk Low x Concepts FD8776-800
  • Nike
  • SB Dunk Low x Concepts
  • "Orange Lobster"
  • ¥39.500
Nike SB Dunk Low x HUF FD8775-100
  • Nike
  • SB Dunk Low x HUF
  • "NYC"
  • ¥20.415
Nike SB Dunk Low x HUF FD8775-001
  • Nike
  • SB Dunk Low x HUF
  • "SF"
  • ¥26.100
Nike SB Dunk Low x Jarritos® FD0860-001
  • Nike
  • SB Dunk Low x Jarritos®
  • "Phantom & Malachite"
  • ¥46.400
Nike SB Dunk Low Pro DX5549-400
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro
  • "Why So Sad?"
  • ¥24.420,56
Nike SB Dunk High x Run The Jewels DX4356-600
  • Nike
  • SB Dunk High x Run The Jewels
  • "Active Pink"
  • ¥16.500
Nike SB Dunk Low Pro ISO ‘Orange Label’ DV5464-001
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro ISO ‘Orange Label’
  • "Grey Gum"
  • ¥21.000
Nike SB Dunk Low Pro Premium DV5429-600
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro Premium
  • "Adobe"
  • ¥10.700
Nike SB Dunk Low DR4876-100
  • Nike
  • SB Dunk Low
  • "Be True"
  • ¥16.988,22
Nike SB Dunk Low Pro x Fly Streetwear DQ5130-400
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro x Fly Streetwear
  • "Gardenia"
  • ¥19.700
Nike SB Dunk High ‘Orange Label’ DQ4485-600
  • Nike
  • SB Dunk High ‘Orange Label’
  • "Sweet Beet"
  • ¥9.800
Nike SB Dunk Low Premium DQ4040-400
  • Nike
  • SB Dunk Low Premium
  • "Philadelphia Phillies"
  • ¥38.000
Nike SB Dunk Low x Run The Jewels DO9404-400
  • Nike
  • SB Dunk Low x Run The Jewels
  • "4/20"
  • ¥18.924
Nike SB Dunk Low DO9395-400
  • Nike
  • SB Dunk Low
  • "Los Angeles Dodgers"
  • ¥43.100
Nike SB Dunk Low Pro ISO DM8998-200
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro ISO
  • "Light Cognac"
  • ¥20.000
Nike SB Dunk High Pro DM0808-700
  • Nike
  • SB Dunk High Pro
  • "Pineapple"
  • ¥12.000
Nike SB Dunk Low Pro DM0807-600
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro
  • "Cherry"
  • ¥16.286
Nike SB Dunk Low Pro DM0807-400
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro
  • "Blue Raspberry"
  • ¥30.622
Nike SB Dunk Low Pro DM0807-300
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro
  • "Sour Apple"
  • ¥43.100
Nike SB Dunk Low DM0774-111
  • Nike
  • SB Dunk Low
  • "Mummy"
  • ¥36.127
Nike SB Dunk High Pro x froSkate DH7778-100
  • Nike
  • SB Dunk High Pro x froSkate
  • "All Love, No Hate"
  • ¥17.200
Nike SB Dunk Low x Gnarhunters DH7756-010
  • Nike
  • SB Dunk Low x Gnarhunters
  • "Black"
  • ¥29.524
Nike SB Dunk Low x Polaroid DH7722-001
  • Nike
  • SB Dunk Low x Polaroid
  • "Multi"
  • ¥11.376,04
Nike SB Dunk Low Pro Premium DH7534-200
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro Premium
  • "Brown Paisley"
  • ¥26.100
Nike SB Dunk High Premium DH7155-001
  • Nike
  • SB Dunk High Premium
  • "New York Mets"
  • ¥6.400
Nike SB Dunk High Pro ISO DH7149-400
  • Nike
  • SB Dunk High Pro ISO
  • "Kentucky"
  • ¥14.700
Nike SB Dunk High CZ2232-300
  • Nike
  • SB Dunk High
  • "Maui Wowie"
  • ¥23.200
Nike SB Dunk Low Pro x Jason Deng CV1628-800
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro x Jason Deng
  • "Street Hawker"
  • ¥51.137
Nike SB Dunk Low x Ben & Jerry's CU3244-100
  • Nike
  • SB Dunk Low x Ben & Jerry's
  • "Chunky Dunky"
  • ¥182.522
Nike SB Dunk Low Pro ISO CD2563-101
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro ISO
  • "White Gum"
  • ¥19.500
Nike SB Dunk Low Pro BQ6817-602
  • Nike
  • SB Dunk Low Pro
  • "Bart Simpson"
  • ¥36.200
Nike SB Dunk Low ‘J-Pack’ BQ6817-600
  • Nike
  • SB Dunk Low ‘J-Pack’
  • "Chicago"
  • ¥30.049
Nike SB Dunk Low BQ6817-500
  • Nike
  • SB Dunk Low
  • "Court Purple"
  • ¥16.600
1 2 3 4 5 6 7

SB Dunk

2002年にナイキSBが登場したとき、すでに多くのスケーターが同ブランドのシューズを愛用していた。ナイキダンクは、そのサポート力のあるクッション性と印象的なトラクションで特に人気があったため、ナイキのスケートボード部門のマネージャーであるサンディ・ボーデッカーは、最初のリリースとしてこのモデルを選んだ。彼は、ナイキSBダンク・ロー・プロとして知られる新しいシルエットを開発し、オリジナルの特徴に加え、スケートに特化したいくつかの変更を加えた。アップデートされたソールはよりしっかりとボードをグリップし、パッドはかさ上げされ、ミッドソールにはZoom Airクッショニングが挿入された。これらの変更により、ナイキSBダンクは優れたスケートシューズとなり、数十年経った今でも変わらぬ人気を誇っている。

ボーデッカーは当初から、プロスケートボーダーやスケートショップに相談し、彼らのニーズを中心にナイキSBダンクが作られるようにした。このようなスケートコミュニティとのつながりは、スコットランドのスケーター、ジョン・ラットレイがデザインした「Why So Sad」のようなスニーカーを通じて続いている。有名なボーダーであるポール・ロドリゲスのように、シグネチャーシューズを次々と生み出してきたスケーターもいる。ポール・ロドリゲスが初めてナイキをリリースしたのは2005年で、10作目となる忘れられないナイキSBダンク・ロー・ホワット・ザ・ポール・カラーは2021年に登場した。彼の初期のスニーカーからの要素を組み合わせたこのモデルは、最も人気のあるSBダンクのデザイン特徴を外側に集めたWhat The Dunkモデルに匹敵する魅惑的なルックスを持っている。

イショッド・ウェアーもまた、多くのSBダンクに名を連ねる才能あるスケーターである。2022年、彼はナイキSBイショッド・ウェアのシグネチャーシューズを手にした。2023年、オリンピックでメダルを獲得した日本人スケーターの堀米悠斗は、茶色とグレーのスエードのオーバーレイが施された洗練されたストリートウェアのSBスニーカーを与えられた。一方、スケーターで写真家のサラ・ムーレは、2022年のポラロイドSBダンクを露出させるために選ばれた。彼女のショットは、ブラックとホワイトのアウターとポラロイドにインスパイアされたカラフルなスウッシュをアピールした。

その他のSBダンクは、スケートブランドとのコラボレーションで制作されている。スケートショップのSupremeは、2002年にリリースされた最も初期のものを含む、いくつかのクラシックなデザインを手掛けている。一方、2004年には、キース・ハフナゲルの新進企業Hufが、サンフランシスコの自由な発想のカルチャーに影響を受けたNike SB Dunk Highを製作した。それから約20年後、彼らは黒と白のSFと白と青のNYという2つの新しいスニーカーをリリースした。ナイキSBの黎明期を支えたもう一人のスケーターが、ニック・ターシェイだ。彼のブランドDiamond Supply Co.は、2005年にNike SB Dunk Low x Diamond Supply Co.をリリースするまでに、7年間スケートボードのハードウェアを作り続けていた。そのデラックスなアッパーは、ブラックのオーバーレイとクロームのスウッシュとともに、高級宝飾店ティファニーと同様のアクアマリンを基調としている。

一方、スケートファッションブランドのConceptsは、SB Dunk Lobsterのカラーコレクションを2008年のオリジナル赤モデルから、2009年には青と黄色のバージョン、2018年には緑と紫のバージョン、そして2022年にはオレンジのLobsterへと増やしてきた。象徴的なスケートボード・アーティストであるトッド・ブラトルードとショーン・クライバーは、2020年にStrangelove Skateboardsのためにスニーカーをデザインし、ピンクのオーバーレイと赤いベルベットのスウッシュをあしらった豪華なSBダンクを作り上げた。そして2023年、上海のフライ・ストリートウェアはナイキSBと共同でガーデニア・カラーを制作した。この年のもう1つのモデルは、カリフォルニアのPawnshop Skate Co.とのパートナーシップにより、コヴィナという地域のスケートシーンへのオマージュとして作られたHighsだ。シカゴのスケートボード集団froSkateとシアトルの非営利団体Skate Like AGirlも、2020年代初頭にそれぞれのシューズを手に入れた。両団体とも伝統にとらわれないスケートコミュニティを支援しており、彼らのスニーカーは色使いやアートワークにそれを反映している。Quartersnacks』誌は、ゼブラ柄のアッパーとスムースブラックレザーのオーバーレイを採用したSB Dunk OGのカラーリングを手に入れた。

スケートシューズであるにもかかわらず、ナイキSBダンクは他のコミュニティからも関心を集め、その幅広い魅力を証明している。サーファー・ブランドのGnarhuntersは、ウェットスーツ素材とタオル地を組み合わせたSB Dunk Low Pro QSを製作した。ストリートウェアブランドのBorn x Raisedは、ホログラムのスウッシュとブランドのモットーである "One Block at a Time "の刺繍が目を引くダンク・ローを作った。一方、先見の明のあるデザイナー、ジェフ・ステイプルは、2005年にNYCピジョンを考案し、史上最も話題になったスニーカーのひとつを生み出した。ニューヨークを代表するこのスニーカーは、ニューヨークで最もよく見られる鳥の色を表現し、その後、パンダピジョンなどのモデルが登場した。

ナイキのSBダンクのコラボレーションは、ベン&ジェリーズのようなブランドにも及んでおり、両者は2020年に、アイスクリーム会社のパッケージでおなじみの柄をあしらったチャンキーダンクをリリースした。同年には、オンライン・オークション・ハウスとナイキSBの著名な元代表に敬意を表したeBay×サンディ・ボデッカーが登場し、2023年にはメキシコの飲料メーカー、ジャリトスの緑とオレンジを基調としたデザインを発表した。

また、このモデルは長年にわたってミュージシャンとも親交が深い。ヒップホップアーティストのラン・ザ・ジュエルズは、ロートップと ハイトップの両方をデザインし、それぞれ鮮やかなピンクのスウッシュなど大胆なディテールが特徴だ。ラッパーのトラヴィス・スコットの増え続けるナイキとのコラボコレクションには、ペイズリー柄のキャンバスとチェック柄のフランネルで覆われたSBダンクがあり、サイケデリックなロックバンド、グレイトフル・デッドと作った3種類のエキセントリックなナイキSBダンク・ローは、どれもバンドのアルバムアートワークに見られる踊る熊がテーマになっている。

これらのシューズの多くは、SBダンクの人気が再び急上昇した2020年代初頭に発売された。この10年間に発売されたものには、2020年のシカゴ・カラーがあり、その赤、黒、白の色調は、OGバージョンのエアジョーダン1を模している。その1年後には、グレーのアッパーが包帯で巻かれたような「ミイラ」や、中足部に紫色の蜘蛛の巣のグラフィックをあしらった「ナイト・オブ・ミスチーフ」など、ハロウィンをテーマにしたスニーカーが登場した。2021はまた、黒、白、紫をダイナミックにミックスしたコートパープル、1987年のエアトレーナー1のようなデザインを参考にしたグリーンのハイライトが印象的なクロロフィル、中華料理を表現したグラフィックで飾られた活気あふれるストリートホーカーも生み出した。花柄のハワイ・ハイトップも2021年に誕生し、2002年のパリ・カラーなど、地名にちなんだ初期のデザインを踏襲した。

2022年はナイキSBの20年の節目であり、ナイキSBはそれを記念してさらなるスニーカーを発表した。アニメのキャラクター、バート・シンプソンのカラーをあしらったロートップや、オールグリーンのスエードアッパーに四つ葉のクローバーが刺繍されたセント・パトリックス・デイのカラーリングが登場した。ナイキはまた、この時期にSBダンクをペイズリーパックに加え、さまざまなフルーツをモチーフにしたモデルで構成されるフルーティパックと呼ばれる新しいコレクションをスタートさせた。ブルーラズベリーは3色のブルー、グリーンアップルは深いグリーンのスウッシュとアップルグリーンのオーバーレイ、パイナップルは淡いイエローをベースにオレンジのスエードのオーバーレイをあしらったハイトップ、チェリーは様々な色合いの赤で覆われている。

スポーツの影響もSBダンクによく見られ、2018年のオールブルーのNBAコラボはその一例だ。2022年、ナイキはブルーとホワイトのロサンゼルス・ドジャース、オレンジとブラックのサンフランシスコ・ジャイアンツのナイキSBダンク・ハイ・プロ・プレミアムなど、メジャーリーグ球団のカラーウェイを次々と発表した。また、ニューヨーク・メッツのブルーとオレンジのスニーカーや、フィラデルフィア・フィリーズの淡いブルーにマルーンのスウッシュをあしらったモデルもある。SBダンクは、2019年のオレンジレーベル・シリーズを延長することで、2022年に再びスケートのルーツに敬意を表した。ローとミッドのSBダンクはオリジナルのセットに含まれており、2021年にはハイトップが追加された。特定のスケートショップでのみ販売されていたSBダンク・ロー・プロISOライトコニャックや、ピンキーパープルのスウィートビートなど、シリーズの新メンバーは特別なオレンジのブランドで統一されている。グレー・ガムもシリーズにあり、ホワイト・ガムのカラーウェイにはブラックで同様のブランディングが施されている。2022年には、エレガントなホワイトのアッパーにレインボーカラーのアクセントをあしらったBe Trueモデルも発売された。インソールにスケーター向けのハウツーガイドがプリントされたAdobeのような人気モデルを通じて、このSBダンクスの多作は2023年まで続いた。

ナイキのスケートボード部門のローンチモデルとして、ナイキSBダンクは大きな重責を担った。それをスタイリッシュかつ優雅にこなし、この部門に最高のスタートを与えた。その後、このシルエットは力強さを増し続け、ダンクの名前だけでなく、スケートコミュニティ内外の人々にも力を与えた。無数のデザインを通して語られる豊かなストーリーは、世界中の人々に愛されており、リリースされるたびに、最初のモデル同様、大きな期待が寄せられている。

Nike SB Dunk のレビューを投稿する
(0)

SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

継続

国を選択

ヨーロッパ

アメリカ大陸

アジア太平洋

アフリカ

中東