SPORTSHOWROOM

    フィルターオン

    • 並べ替え

    • 性別

    • ブランド (Nike)

    • コレクション (Air Force 1)

    • スタイル

    • コラボレーション (Off White™)

    ブランド

    ブランド

    コレクション

    コレクション

    スタイル

    スタイル

    コラボレーション

    コラボレーション

    Air Force 1 x Off-White™

    ファッションブランドOff-White™の伝説的な創設者であるヴァージル・アブローは、子供の頃にナイキのスニーカーに魅了され、靴のデザインで遊び始めていた。そして2016年、ヴァージル・アブローはオレゴン州ビーバートンにあるナイキの本社に立ち、ナイキとの初のコラボレーションを実現しようとしていた。The Ten(ザ・テン)」として知られるこのコラボレーションでは、アブローはナイキの最もアイコニックなシルエットのいくつかを作り直し、彼自身の芸術的なビジョンでアップデートした。この人気コレクションの中に、ナイキ エア フォース 1 x オフホワイト™の最初のスニーカーがあった。このスニーカーは、オリジナルをスタイリッシュに再構築したもので、サイドに大胆なテキストがあしらわれ、半透明のエフェクトが白とグレーを基調としている。この注目すべきシリーズの他のシューズと同様、AF1は絶大な人気を博し、The Tenのリリース後の数年間、2つのブランドはスタイリッシュなデザインの数々を共同で手がけることになる。

    2018年1月、ニューヨーク近代美術館(MoMa)のために特別に制作されたAF1の新しいイテレーションが登場した。ナイキ エア フォース 1 ロー x オフホワイト™ x MoMaは、アッパー全体にブラックのレザーを使用し、メタリックシルバーのスウッシュがジグザグのステッチでアウターとつながり、フォームが露出し、アブローのお気に入りのHelveticaフォントで太字のテキストが引用符で囲まれている。この直後、ComplexConカラーが一般発売され、前年の同名のイベントで予告されていた。MoMaのデザインに似ており、オフ-ホワイトのトレードマークであるジップタイと一緒にシルバーのスウッシュがあしらわれているが、その外側はほとんど白である。

    オフ-ホワイト™を使用した次のエアフォース1ローは2018年末に登場し、ナイキのクラシックなヴォルトがスニーカーのメインカラーとなった。この鮮やかなネオンカラーはアッパーの大部分を覆い、ブラックのスウッシュ、スエードのアクセント、そして恒例のシグネチャーテキストが重ねられている。このスニーカーは、サイドに対照的な白いスウッシュをあしらった、より控えめなブラック・バージョンとともにリリースされた。

    翌年、ヴァージル・アブローはシカゴ現代美術館(MCA)で初の個展を開催。Figures of Speech」と名付けられたこの展覧会では、スニーカーのデザインを含む彼の20年にわたる作品が披露された。これを記念してアブローは、スカイブルーのアウターにシルバーのスウッシュが輝く、オフホワイト™ナイキ エア フォース 1の限定モデル「MCAユニバーシティ・ブルー」を制作した。これは、全国を巡回する展覧会にあわせて発売された一連のエアフォース1の始まりだった。2021年、展覧会はボストン現代美術館に到着し、ユニバーシティ・ゴールドのカラーウェイが発売された。愛称は「レモネード」で、印象的なイエローのアウターを除けば、デザインは以前のMCAバージョンに似ている。このスニーカーは、Nike SNKRSアプリを使った位置情報付きの限定発売で、ボストンの展示会から一定の距離内にいることが購入条件だった。次にこのようなスニーカーが発売されたのは、ニューヨークのブルックリン美術館で開催された「Figures of Speech」だった。ライトグリーン・スパークと呼ばれていた2022年7月の段階で予告され、同年9月にようやく発売されたブルックリン・カラーは、ヘルベチカのテキストやベロの露出したフォームなど、おなじみの特徴を備えながら、緑豊かな色調で覆われている。

    2022年は、エアフォース1が40周年を迎えたナイキにとって大きな年だった。これを記念して、ナイキ×オフホワイト™のコラボレーションにより、ウーブンメッシュのアッパーを持つエアフォース1ミッドのデザインが2足登場した。ホワイトと ブラックの2色展開で、つま先とアウトソールの中足部にはビビッドなネオンカラーのスパイクがあしらわれている。このスニーカーには、半透明のスウッシュ、伝統的なシューレースの上にもう1組のフライワイヤーストラップ、エアが見えるミッドソール、反り返ったヒールなど、典型的な脱構築的な特徴が随所に見られる。この反抗的なシューズは、2023年にパイングリーン・エアフォース1・ミッドSPと呼ばれる同様のものが発売された。このモデルは、アッパーにプレミアムレザーを使用し、足元のオフビートなスパイクにも続くグリーンを基調としている。2023年6月には、「グラフィティ」と呼ばれる別のミッドトップが登場し、最近の前作と同じスパイクのトレッド、ホワイトのアッパー、そしてサイドウォールのダイナミックなオフホワイトのグラフィティグラフィックが特徴的だ。2023年後半、オフホワイト™は、ゴーストグレー "パリ "カラーウェイで、以前のミュージアムデザインのロートップスタイルに戻り、今度はメタリックシルバーのスウッシュの後ろに滑らかなグレーのアウターを施した。 その後、ブランドは、ナイキエアフォース1ミッド×オフホワイト™シードのリリースで、ミッドにまっすぐに戻った。以前のミッドと同じように、アウトソールの突起、ミッドソールの反り、そしてビジブルエアが特徴だが、カラーリングはブラックとホワイト。このシューズの名前は、元NBAオールスター選手のラシード・ウォレスに由来している。このシューズは、足首のストラップに彼のジャージナンバー(30)を刺繍し、サイドのヒールには、彼が得意としたフェードアウェイショットをプレーするウォレスのシルエットであるシードのロゴを入れることで、彼の伝説的な地位に敬意を表している。さらに、光沢のあるブラックのアッパーにホワイトで「Off-White™ for Rasheed」の文字がプリントされている。

    ナイキとOff-White™のコラボレーションは、後者のブランドの時代を決定づけたデザイナーを介して、最も生産的で成功したものの1つです。パートナーシップが始まって以来、エキサイティングな新しいオフ-ホワイト™ AF1のデザインがナイキの工房から次々と生まれている。

    Nike Air Force 1 x Off-White™ のレビューを投稿する
    (0)

    SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

    継続

    国を選択

    ヨーロッパ

    アメリカ大陸

    アジア太平洋

    アフリカ

    中東