SPORTSHOWROOM

フィルターオン

  • 並べ替え

  • 性別

  • ブランド (Jordan)

  • コレクション (1)

  • モデル

  • スタイル

  • コラボレーション

  • バージョン (Chicago)

ブランド

ブランド

コレクション

コレクション

モデル

モデル

スタイル

スタイル

コラボレーション

コラボレーション

バージョン

バージョン

Air Jordan 1 Chicago

1984年にジョーダン1が初めて作られた時、主に黒のアッパーに赤のオーバーレイを使用したそのデザインは、NBAのルールに反し、禁止されているシューズを利用した反抗的な態度をナイキが採用したため、ハイトップスニーカーに多くの宣伝と注目をもたらした。そのため、発売と同時に絶大な人気を博し、マイケル・ジョーダンのシグネチャーバスケットボールトレーナーの新色が発売されるまでに時間はかからなかった。このシューズの初年度には、全部で13種類が生産され、その多くがアイコニックなデザインとなった。ジョーダンの所属チームであるシカゴ・ブルズの赤、黒、白を基調としたスニーカーである。

ジョーダン1シカゴのオリジナルの発売日は1985年だった。当時、ジョーダンはNBAでその名を馳せ始めており、彼の成功はシューズにも反映され、バスケットボール・カルチャーだけでなく、スニーカー界にも大きな影響を与えた。この強力な伝統により、シカゴは長年にわたって何度も再リリースされ、オリジナルに忠実なモデルもあれば、メンズ、レディース、キッズ向けにエキサイティングな新しいデザインを生み出すために見た目を作り直したモデルもある。

単にシューズのカラーパレットを変えただけではない、最初のモデルのひとつがエアジョーダン1 KOだ。スムースレザーのアッパーの代わりに、全体に柔らかいキャンバスを使用し、赤いヒールオーバーレイはなく、白い中足部がヒールの後ろまで伸びている。側面にはウィングスのロゴがあしらわれているが、バナーには通常の「Air Jordan」の文字ではなく、「AJKO」の文字が書き込まれている。このデザインは、1986年に発売されたとき、それ自体で成功を収め、レザーをまとったオリジナル同様、何度もレトロ化され、特に2021年に発売された。

ジョーダン1の最初の人気にもかかわらず、1994年まで正式に再リリースされなかった。このエアジョーダン1レトロは非常に人気があり、さらにシカゴでの発売を促した。ジョーダン1の素材構造を変えたのは、2003年のミッドカラー、シカゴ・ブルズ・パテントだった。そのトーンメイクはほとんど同じですが、それはオーバーレイに光沢のあるパテントレザーを採用し、その翼のロゴは、ミッドトップカラーの横オーバーレイにカットされている。10年後の2013年、ジョーダン1ハイ・シカゴが再びリリースされたが、この時は、1985年のモデルにはなかったジャンプマンロゴがベロとヒールにあしらわれるなど、微妙な変更が加えられていた。この後、2015年にもレトロがリリースされ、ホワイトレザーのトゥボックスと中足部、ブラックの襟とスウッシュ、レッドのオーバーレイ、ベロのラベルの伝統的なNike Airの文字など、あらゆる面でオリジナルに忠実だった。その後、2016年にジョーダン1ロー・シカゴが再リリースされ、現代のスニーカーファンにクラシックシューズの新たなレトロバージョンを手に入れるチャンスを提供した。

コラボレーションはエアジョーダン1の歴史の中で大きな部分を占めており、シカゴのカラーウェイもその例に漏れない。実際、ナイキの歴史の中で最も人気のあるコラボレーション・スニーカーのひとつ、2017年のオフホワイト×エア ジョーダン 1 シカゴ「ザ・テン」を手がけた。デザイナーのヴァージル・アブローが脱構築したクラシックシューズのシリーズのひとつで、内側のサイドウォールに段落のあるテキストや、最小限の青いステッチで外側サイドに取り付けられたフローティングスウッシュなどの特徴でオリジナルを作り直した。同じ年に登場したジョーダン1ゴルフは、アッパーが防水加工され、ゴルファーのために作られた特別なソールユニットを備えている。

2018年、エア ジョーダン 1 シカゴは、アニメ映画『スパイダーマン:イントゥ・ザ・スパイダーバース』でマイルス・モラレスが着用し、ハリウッドに進出した。ジョーダン・ブランドは、スクリーンで見たものを反映したオリジン・ストーリーとして知られるスニーカーをリリースした。半透明のブルーのアウトソール、レッドのオーバーレイの反射スポット、ブルーのタンラベルとインソールなど、スーパーヒーローの衣装に合わせて調整されている。ジョーダン1ミッドシカゴも2018年にレトロ化されたが、アッパー全体に赤を増やし、スウッシュ、トゥボックスと襟にのみ白を残し、ベロとインナーに黒をあしらった。この年にリリースされたもうひとつの魅惑的なスニーカーは、オマージュ・トゥ・ホームだった。スプリットデザインが特徴で、ブレッドにインスパイアされた横半分とシカゴをベースにした内側半分という、AJ1の最もアイコニックな2つのカラーリングが組み合わされている。Rebel XX Chicagoも2018年に生産され、そのユニークなレーシングシステムは、足の甲の上をまっすぐ上がるのではなく、靴の片側からもう片側へとねじれることで、このモデルにまったく新しい表情を与えている。大胆なNike Airのブランドロゴと内側サイドのジッパーが、その型破りな構造を完成させている。

1年後の2019年、ジョーダン・ブランドは「ロー・スリップ・シカゴ」として知られる別のウィメンズモデルを発表した。クラシックなホワイトのアッパーにブラックのハイライトとバーシティレッドのオーバーレイが施されているが、着脱を容易にするためにシューレースが取り外されている。ほどなくして、より伝統的なミッドトップ、ホワイト・シカゴがリリースされた。その名の通り、白を基調とし、ソール全体とアッパーの前面部分を覆っている。黒と赤のディテールは残されており、前者はスウッシュ、タン、インナーに、後者はヒールオーバーレイとジャンプマンブランディングにあしらわれている。その後、この有名なカラーリングはアメリカンフットボール用のTDクリートへと変更され、ルナロンソールはフットボールフィールドの過酷さに適応し、フィアレスモデルはジョーダンの大学時代を称える象徴的なUNCの色調とシカゴ・ブルズの色調を融合させた。

2020年、「シカゴ・ブラック・トゥ」もまた人気のミッドトップモデルとなり、その配色はトゥボックスがブラックであることを除けば、あらゆる点でオリジナルを踏襲している。同じ頃、スカイジョーダン1と呼ばれるキッズモデルにシカゴカラーが与えられ、さらに、白いヒールカウンターとジムレッドという少し異なるトーンのオーバーレイを備えたAJ1ミッドが登場した。新しいジョーダン1シカゴのスニーカーは、2020年代初め頃にますます一般的になり、2021年にはさらに別のモデルが登場した。マイケル・ジョーダンの息子、マーカス・ジョーダンが経営するスニーカーブティック「トロフィー・ルーム」がジョーダン・ブランドと共同でデザインしたことから、「トロフィー・ルーム・シカゴ」と名付けられた。1985年のNBAオールスター戦で、ジョーダンのチームメイトが若いルーキーに教訓を与えるため、ジョーダンへのパスを拒否したという有名なエピソードに敬意を表し、横ヒールには選手のサインなど、記念的な要素がちりばめられている。

2022年は、エア ジョーダン 1 シカゴにとって大きな年であり、多くのスニーカーがラインナップに加わった。2017年のハイトップモデルと並んでロートップのオプションを提供するジョーダン1・ロー・ゴルフ・シカゴや、シカゴスタイルのファンにナイキの軽量なズームエアクッショニングを搭載したシューズを提供するズームCMFTの赤、黒、白バージョンがあった。そして、Mid SEWear-Away(ミッドSEウェアアウェイ)は、エイジング加工を施したミッドソールと、赤みがかった黒のオーバーレイに擦り切れたような加工を施したレトロなデザインだ。他にも、80年代のスニーカーカルチャーに敬意を表したモデルがいくつかリリースされた。ジョーダン・ブランドのリ・イマジンド・ラインの一部として作られたエア ジョーダン 1 OG ロスト・アンド・ファウンドは、スニーカーがストックルームで紛失し、数ヶ月後、あるいは数年後に、履き古した状態で再び発見された時代を称えている。それを反映するように、風化した足首の襟や古くなったミッドソールなど、ユニークなデザインのディテールが施されている。

2022年に発売されたシカゴの他の2つのモデルは、1985年のシューズのコアとなる美学を保ちながら、カラーパレットをアレンジしている。ヘリテージは、つま先周りからミッドフット、アイステイまでホワイトのレザーを使用し、トゥボックス、スウッシュ、ヒールラップにレッドをあしらった。一方、ジョーダン1ミッドリバースシカゴはさらに変化を加え、ブラックのカラーリングを一切排除し、シューズの大部分をホワイトで埋め尽くした。

新しいリリースは2023年まで続き、スパイダーマンのアニメ映画の次回作でジョーダン1シカゴがマーベルユニバースに戻った。1作目の成功は、2作目が非常に期待されていたことを意味し、ネクスト・チャプターとして知られるこのシューズについても同じことが言える。映画で描かれる多次元的な世界を反映するため、シカゴをイメージしたアッパーは、スパイダーマンの服のデザインを参考に、異なる素材やグラフィックをパッチワークのように組み合わせている。

1985年以来、エアジョーダン1のカラーリングは数え切れないほどある。その中でもジョーダン1シカゴは、長年スニーカーカルチャーの最前線に君臨し続けるクラシックなデザインとして際立っている。黒、赤、白のオリジナル・モデルにインスパイアされながらも、独自のアイデンティティを確立し続け、今日ではジョーダン・カラーの中でも最も有名なモデルのひとつとなっている。

Jordan 1 Chicago のレビューを投稿する
(0)

SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

継続

国を選択

ヨーロッパ

アメリカ大陸

アジア太平洋

アフリカ

中東