SPORTSHOWROOM

    フィルターオン

    • 並べ替え

    • 性別

    • ブランド (Nike)

    • ライン

    • コレクション (Air Max Pulse)

    Air Max Pulse

    ナイキのエアマックスラインの歴史は、先駆的なデザイナーであるティンカー・ハットフィールドがブランドのクッショニングテクノロジーを初めて公開することを決めた1987年にまで遡ることができる。それ以来、このシリーズは信じられないような、予想外の方法で進化を遂げ、Airを取り入れたデザインの膨大なバックカタログから選ぶことができるようになった。80年代後半にはオリジナルのエアマックス1、90年代にはエアマックス95、エアマックス97、エアマックス・プラス、90年代にはスマートなエアマックス2003、スポーティなエアマックス360、2010年代にはヴェイパーマックスソールという形で初めてエアが完全に見えるベッドを提供するなど、それぞれの世代に独自のエアマックスモデルが誕生した。そして、2020年代に入ると、新世代のスニーカーファンに支持され、数十年後に懐かしんでもらえるような、エアマックスの次の進化を遂げる時が来た。それが、ナイキ エア マックス パルスである。

    新しい時代のスニーカーをデザインするにあたり、ナイキはこれまでのエアマックスをベースにしながらも、独自のアイデンティティを持つものを作りたいと考えた。また、都市化が進む中、ジェネレーションZのニーズに応えることも重要であり、現代の都市のストリートで履ける耐久性を持つシューズを作ることも重要であった。また、2020年代の若者たちが、ファッションの限界を試し、自分たちのスタイルを確立するためのスペースも必要である。そのためには、初期のエアマックスが持っていたタイムレスな魅力に匹敵する、優れたライフスタイルの美学を持つ必要があった。

    そんな高邁な目標を達成するために、ナイキのデザイナーはロンドンという都市にインスピレーションを求めた。現代的な都市生活の典型であるイギリスの広大な首都は、ナイキのスニーカーの歴史においても重要な役割を担ってきた。特にアンダーグラウンドの音楽シーンが活発で、エアマックス1やエアマックス95などのデザインが長年にわたって採用されてきた。エアマックスパルスは、ロンドンのカルトミュージシャンやアーティストたちの姿や音からヒントを得て、この街の都市環境とブルータリズム建築に影響を受けたものである。これにより、パルスは独特の個性を放ちつつも、過去のエアマックスデザインへの言及により、この輝かしいファミリーの紛れもない一員であることが示された。エアバブルはエアマックス270からほぼそのまま引用され、2018年のシルエットと同様の方法でヒールを包み込み、そのシューズの番号までプリントされている。270に搭載されたクッショニングユニットのように見えたが、実際はそのアップデート版だった。エアマックスシステムをさらに進化させたもので、ヒールの下側に見えるシンプルなプラスチック製のクリップを利用し、着用者の体重をソール全体でより均等にバランスさせ、ヒールと前足部の間にスムーズな移行を生み出すのに役立つ。フォームクッションのフロントハーフと相まって、街中を歩くのにとても快適なスニーカーに仕上がった。エアマックス270との明確な類似性に加え、パルスはエアマックス・プラスなどのモデルにも微妙なニュアンスを与えている。ループレースシステムを採用し、Plusに見られるような3Mの反射材を配し、忘れられないTNロゴを模した新装のブランディングも施した。

    こうした過去のデザインへのオマージュにもかかわらず、エアマックスパルスは独自の美学を持っており、他とは一線を画していた。耐久性のある合成皮革のマッドガードは、ヒールに向かって上に向かって広がっており、上部はよりレトロな雰囲気の通気性の良いメッシュで構成され、ヒールカウンターには安定性を高めるためのプラスチックガードが取り付けられている。アウトソールのフロント部分は、ナイキの信頼性の高いワッフルグリップを採用し、真空シールされたパーツが摩耗や損傷からさらに保護する。3Mの反射材がスウッシュ、ヒールタブ、シューレースの間に視認性を高め、TNスタイルのブランディングがタンとインソールに施されている。また、ヒールカウンターにはエンボス加工が施され、ソックライナーにはAir Maxの文字が軽やかに刻まれ、このスニーカーに独自のタッチを与えている。さらに、最初のカラーリングは、音楽と建築のインスピレーションを踏襲し、ニュートラルな明るさと暗さのトーンに鮮やかなディテールを融合させた。最初のナイキエアマックスパルスは、ホワイト、フォトンダスト、リフレクトシルバーを外装の大部分に使用し、ハイボルテージレッドのアクセントが魅力的な色のヒントを提供している。同様のカラーリングは、ブラックとホワイトのデザイン、そしてパルスの都会的な影響に合わせ、よりシルバーがかったグレーを採用したコブルストーンのモデルにも続いた。

    エアマックスパルスは、2023年3月26日に大々的に発表された。スニーカー・コミュニティの間ではエアマックスデーとして知られるこの日は、過去のエアマックスデザインの遺産を称えるとともに、これまでにない新しいモデルを発表する日として使われており、著名なラインの最新シューズを公開するのに最適な場となっている。今回、待望のエアマックス1 '86 ビッグバブルとともに登場したパルスは、そのスローバックなディテールと特徴的な外観に加え、発売前に影響力のある若いミュージシャンを起用してプロモーションを行ったことで、この日、強いインパクトを与えることになった。エア・マックス・パルスのデザインの根底にあるインスピレーションを反映した動きとして、ナイキは、スニーカーファンとシューズの間につながりを持たせるために、ロンドンで最も著名なアンダーグラウンド・アーティスト2人、複数の受賞歴を持つDJ兼ソングライターのニア・アーカイブスと政治ラッパージェシを選んだ。実際、Pulseが正式に発売される数週間前に、Jeshiがソーホーのショップでファンに無料で靴を配っているところを写真に撮られており、トレンディなエンターテイメント地区は、このようなキャンペーンに最適な場所として、このデザインの知名度を高めることになった。

    一方、韓国では、人気K-POPグループNewJeansがナイキ エア マックス パルスのモデルとして参加し、他のエア マックス デイのリリースとともに、このスニーカーの知名度をよりグローバルな規模で高めた。結成からわずか1年で、世界的な成功を収めるまでに急成長したバンドである。ソウル市の広報大使にも任命された。ヒップホップやUKガレージの要素を取り入れたポップスやR&Bは、2023年の若者たちにアピールするのに最適な存在だった。

    これらの支持を得て、ナイキ エア マックス パルスは発売と同時に成功を収め、そのわずか1ヶ月後には初のコラボレーションが発表された。今回もナイキは、若い世代にアピールするために、このスニーカーの背景にある音楽の影響力を尊重することを選択した。このパートナーシップには、LAのDJでソーシャルメディアインフルエンサーのZack Bialobos、通称Zack Biaが参加した。自身もZ世代の一員である彼は、ナイキとのコラボレーションを依頼された時点で、すでにドレイクやジャック・ハーローなど、多くの人気音楽アーティストと仕事をしていた。彼のエアマックスパルスのデザインは、DJとしての彼の仕事を大きく反映しており、CDJターンテーブルの外観をモチーフに、彼が共同設立したレーベル、フィールドトリップレコードにちなんでいる。また、ブラックの外側に印象的なレッドのアクセントを加え、最初の数色に見られたミニマルなカラーリングのテーマを継承している。

    ナイキエアマックスパルスは、ナイキが数十年の歴史を持つエアマックスラインにもう後がないと思われても仕方がない時期に登場した。しかし、その大胆なルックスは、各世代の若者たちに独自のモデルを提供し続けるというブランドの意思を表明していた。そして、エアマックスの柔らかな履き心地とスタイリッシュなライフスタイルのイメージを、新しい世代の若者たちに楽しんでもらうために、オリジナルデザインを約束し、エアマックスのテクノロジーを進化させ続けるという不滅のコミットメントがあった。エアマックスパルスは、ナイキの新たな時代を象徴するシルエットとなっただけでなく、若者文化におけるナイキの地位を、次の世代に引き継ぐスニーカーとなった。

    Nike Air Max Pulse のレビューを投稿する
    (0)

    SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

    継続

    国を選択

    ヨーロッパ

    アメリカ大陸

    アジア太平洋

    アフリカ

    中東