SPORTSHOWROOM

    フィルターオン

    • 並べ替え

    • 性別

    • ブランド (Nike)

    • コレクション (Air Force 1)

    • モデル (PLT.AF.ORM)

    • スタイル

    Air Force 1 PLT.AF.ORM

    ナイキ エア フォース 1 PLT.AF.ORMは、女性向けモデルとして誕生したロースニーカー。つま先に向かって細くなるラスト形状を採用し、フィット感を高めている。最大の特徴はブーストされたミッドソールで、かかとに近づくにつれて2層に分かれた層が重なるように盛り上がり、クッション性を高めてソフトで快適な履き心地と、さらなる高さを実現している。2つのスタックの間には深い溝があり、2本の太い盛り上がったラインの間に大きなAirの文字がエンボス加工されている。足元には、広くて深い円形のくぼみと、浅くて狭いくぼみが交互に配置され、アウトソールのトレッドパターンを形成し、クラシックなAF1のトラクションを生み出している。ミッドソールに戻ると、上端のステッチの縫い目はシューズのつま先側をぐるりと囲むだけで、アイステイのすぐ下、ミッドソールが上に曲がり始めるところで終わっている。

    エアフォース1 PLT.AF.ORMのアッパーでは、ステッチとさまざまなレザーのオーバーレイの配置が変更され、内側の中足部パネルはバックセクションと同じ高さに設定され、ジグザグのステッチでつながっている。一方、横方向の中足部と後足部のパネルは、スウッシュの上部に沿ってヒールタブにぶつかるまで伸びる切り込みの部分で水平に2分割されている。トリプルホワイトのようなシューズでは、カットアウトパネルとスウッシュは同じトーンだが、フォッシルのようなシューズでは、スウッシュはホワイト、カットアウトはベージュと色が異なる。数本の太いステッチでアイステイを後足部に固定し、点線で挟まれた短い縫い目で、ヒールの中央でこのパネルの2つの半分をつないでいる。

    ラテラル側では、長くなめらかなスウッシュが前方に移動し、トゥボックスのすぐ後ろから始まり、ミッドソールのラインの下を潜り、ヒールパッチの手前で終わる。対照的に、内側のスウッシュはさらに後方、中足部あたりから始まり、一方の端は前足部のレザーパネルの下に、もう一方はヒールタブの下に消えている。丁寧なステッチは、内側スウッシュを横切る線をなぞり、中足部と後部パネルの間の縫い目のすぐ後ろでその下端から離れ、ヒールタブの上で交差してスウッシュが続く位置を示している。各スウッシュの前端にある長くなった先端は、アイステイの波状のエッジの下に移動しているが、各スウッシュを固定するステッチは、ロゴのクラシックな形を維持している。

    ナイキ エア フォース 1 PLT.AF.ORMには、このようなあからさまな変更だけでなく、さりげない工夫がいくつも施されている。まず、大きくなったヒールタブの底から数ミリのところにステッチがきれいに並んでおり、レザーの小さなフラップが飛び出している。他には、通常は光沢のあるシルバーの上品なダブレーがシューレースのつま先側を飾っている。その滑らかなメタル表面にはエレガントな長方形が配され、上部の角には小さなスウッシュがあしらわれている。その下には、AF1 PLT.AF.ORMを覆う他のブランディングエレメントの特徴である、AF1の文字がアイステイの前面に縫い込まれている。ヒールタブとタンにはNike Airの文字が刺繍され、インソールには「AF1.EST.1982」と書かれた端正なテキストでオリジナルのエアフォース1の発売日を称えている。ブラックを基調としたAnthraciteのようなバージョンでは、このブランディングはアッパーの色調とマッチしているが、Coral Chalkのようなバージョンでは、この2つの要素は色が異なり、特にこのイテレーションでは白地に鮮やかなピンクの刺繍が施されている。そして、「スマイリー」PLT.AF.ORM LV8の特徴的なグラフィックや、ヒール、インソール、タンのシンプルなスウッシュの上に豊かなグリーンのナイキの文字が鎮座する控えめなオイルグリーンモデルなど、インソールにもっとユニークな装飾が施されたシューズもある。最後に、すべてのエディションで、トゥボックスには、足の正面に向かってピラミッドパターンの小さなパーフォレーションが施され、魅力的なディテールが詰まったウィメンズスニーカーに仕上がっている。

    Nike Air Force 1 PLT.AF.ORM のレビューを投稿する
    (0)

    SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

    継続

    国を選択

    ヨーロッパ

    アメリカ大陸

    アジア太平洋

    アフリカ

    中東