SPORTSHOWROOM

フィルターオン

  • 並べ替え

  • 性別

  • ブランド (Jordan)

  • コレクション (1)

  • スタイル

  • バージョン (Bred)

Jordan 1 Bred

46件

スニーカーの歴史に変化をもたらした大胆なカラーリング。

Nearby
Jordan 1 High OG FD4810-061
  • Jordan
  • 1 High OG
  • "Satin Bred"
  • ¥15.000
Jordan 1 Retro AJKO Low DX4981-006
  • Jordan
  • 1 Retro AJKO Low
  • "Bred"
  • ¥11.000
Jordan 1 Mid DQ8423-060
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Alternate Bred"
  • ¥11.916
Jordan 1 Low DC0774-061
  • Jordan
  • 1 Low
  • "Bred Sail"
  • ¥9.834
Sky Jordan 1 BQ7197-016
  • Jordan
  • Sky 1
  • "Bred Toe"
  • ¥11.474,85
Sky Jordan 1 BQ7197-001
  • Jordan
  • Sky 1
  • "Bred"
  • ¥20.933,84
Sky Jordan 1 BQ7196-001
  • Jordan
  • Sky 1
  • "Bred"
  • ¥12.269
Jordan 1 Mid 554724-660
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Reverse Bred"
  • ¥16.800
Jordan 1 Low 553558-161
  • Jordan
  • 1 Low
  • "Bred Toe"
  • ¥12.883
Jordan 1 Low 553558-066
  • Jordan
  • 1 Low
  • "Alternate Bred Toe"
  • ¥11.000
Jordan 1 Mid DQ8426-060
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Alternate Bred"
  • ¥13.400
Jordan 1 Retro Low OG 705329-001
  • Jordan
  • 1 Retro Low OG
  • "Bred"
  • ¥88.453
Jordan 1 Retro AJKO High 638471-001
  • Jordan
  • 1 Retro AJKO High
  • "Bred"
  • ¥22.500
Jordan 1 Retro High OG 555088-610
  • Jordan
  • 1 Retro High OG
  • "Bred Toe"
  • ¥58.304,63
Jordan 1 Retro High OG 555088-063
  • Jordan
  • 1 Retro High OG
  • "Patent Bred"
  • ¥24.800
Jordan 1 Retro High OG ‘Banned’ 555088-001
  • Jordan
  • 1 Retro High OG ‘Banned’
  • "Bred"
  • ¥62.900
Jordan 1 Mid 554724-610
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Reverse Banned"
  • ¥30.964
Jordan 1 Mid 554724-074
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Banned"
  • ¥16.700
Jordan 1 Hi FlyEase CQ3835-060
  • Jordan
  • 1 Hi FlyEase
  • "Bred"
  • ¥20.000
Jordan 1 Retro High Premium AA3993-032
  • Jordan
  • 1 Retro High Premium
  • "Bred Camo"
  • ¥30.237,77
Jordan 1 Retro High OG Flyknit 919704-001
  • Jordan
  • 1 Retro High OG Flyknit
  • "Bred"
  • ¥21.864,24
NikeCourt Flare AJ1 x Serena Williams ‘23’ 878458-023
  • Jordan
  • AJ1 x Serena Williams ‘23’
  • "Bred"
  • ¥20.014
Jordan 1 Ultra High 844700-001
  • Jordan
  • 1 Ultra High
  • "Bred"
  • ¥36.285,33
Jordan 1.5 Retro High ‘The Return’ 768861-001
  • Jordan
  • 1.5 Retro High ‘The Return’
  • "Bred"
  • ¥40.400
Jordan 1 Mid 554724-054
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Bred"
  • ¥20.916
Jordan 1 Low 553558-606
  • Jordan
  • 1 Low
  • "Reverse Bred"
  • ¥18.800
Jordan 1 Low 553558-605
  • Jordan
  • 1 Low
  • "Reverse Bred"
  • ¥13.600
Jordan 1 Mid TD Cleat AR5604-061
  • Jordan
  • 1 Mid TD Cleat
  • "Bred"
  • ¥45.500
Jordan 1 Low TD Cleat AV5292-061
  • Jordan
  • 1 Low TD Cleat
  • "Bred"
Jordan 1 Mid 554724-079
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Bred Toe"
  • ¥15.473
Jordan 1 Low 553558-612
  • Jordan
  • 1 Low
  • "Bred Toe"
  • ¥14.900
Jordan 1 Elevate Low SE DQ1823-006
  • Jordan
  • 1 Elevate Low SE
  • "Bred"
  • ¥9.000
Jordan 1 Mid SS DM9650-001
  • Jordan
  • 1 Mid SS
  • "Black + Red = Bred"
  • ¥11.100
Jordan 1 Low FlyEase DM1206-066
  • Jordan
  • 1 Low FlyEase
  • "Alternate Bred Toe"
  • ¥18.929
Jordan 1 High Zoom Comfort CT0979-006
  • Jordan
  • 1 High Zoom Comfort
  • "Bred"
  • ¥14.400
Jordan 1 High FlyEase CQ3835-001
  • Jordan
  • 1 High FlyEase
  • "Bred Black Toe"
  • ¥23.254
Jordan 1 Retro Mid BQ6578-001
  • Jordan
  • 1 Retro Mid
  • "Bred"
  • ¥48.141
Jordan 1 Mid BQ6472-079
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Alternate Bred Toe"
  • ¥10.145
Jordan 1 Nova XX AV4052-106
  • Jordan
  • 1 Nova XX
  • "Bred Toe"
  • ¥12.035
Jordan 1 Retro Mid x Lance Mountain 554725-028
  • Jordan
  • 1 Retro Mid x Lance Mountain
  • "Bred"
  • ¥26.300
Jordan 1 Mid 554724-066
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Bred Toe"
  • ¥20.448
Jordan 1 Retro High 332550-012
  • Jordan
  • 1 Retro High
  • "Rare Air"
  • ¥21.967
Jordan 1 Hi FlyEase DC7986-060
  • Jordan
  • 1 Hi FlyEase
  • "Bred"
  • ¥25.600
Jordan 1 Nova XX AV4052-006
  • Jordan
  • 1 Nova XX
  • "Bred"
  • ¥9.114
Jordan 1 Retro High 705300-021
  • Jordan
  • 1 Retro High
  • "Bred Snake"
Jordan 1 Mid 640734-028
  • Jordan
  • 1 Mid
  • "Bred"

Air Jordan 1 Bred

1984年にエア・ジョーダン1を制作する際、ピーター・ムーアは、マイケル・ジョーダンが最初に所属したNBAチーム、シカゴ・ブルズをベースにしたカラーパレットを新しいデザインに与えた。アッパーは、前足部から中足部、襟元にかけて力強いブラックを基調とし、ヒールには鮮やかなレッドのオーバーレイ、トゥボックスにも同色を配した。黒と赤を基調としたこのカラーリングは、Bredというニックネームで呼ばれるようになったが、その外側は、NBAのアパレルに関する規則に反するとして禁止されたため、Bannedという別のニックネームが付けられることになった。ナイキとジョーダンがジョーダン1ブレッドに固執することで見せた反抗心は、1985年の発売と同時に多くのファンをこのバスケットボール・トレーナーに引きつけたが、その人気はそれだけでは終わらなかった。実際、このスニーカーは数十年の間にその地位を高め、現在では数十種類存在するAJ1のカラーリングの中でも最も象徴的なもののひとつとなっている。その結果、このスニーカーは様々なアップデート版やレトロモデルに生まれ変わったが、そのどれもが伝説的なオリジナルの核となる美学を維持している。

エア ジョーダン 1 ブレッドが初めて公式レトロとして再発売されたのは、ジョーダンがバスケットボール界から引退した翌年の1994年だった。横足首の黒いエアジョーダンの翼のロゴに至るまで、オリジナルにそっくりだ。次に登場したのは2001年、ジョーダンが引退から2度目の復帰を果たした年だ。これは前の2つと似ているが、14884足の限定生産で、ベロの内側に各シューズの特定の番号が書かれている。2008年は、ブレッドジョーダン1がジョーダン1ハイストラップブレッドでデザインに多くの調整のうちの1つを得たときだった。その名が示すように、アンクルストラップが付いているが、このモデルはまた、以前のジョーダン1ブレッドに見られたナイキエアブランドの代わりに、舌にジャンプマンロゴを備えている。

2009年、ジョーダン・ブランドは、ジョーダンのポストシーズン得点記録63点を記念して作られたパックの一部であるDMPブレッドで、オリジナルを再び称えた。彼は1986年のセルティックスとのプレーオフでこの偉業を達成したため、Defining Moments Packは、セルティックスをテーマにしたものとシカゴブレッドの2色で構成された。多くの点で最初のブレッドと似ているが、タンとヒールにジャンプマンのロゴ、タンの内側に記録達成の日付が入っているのが特徴だ。その2年後、今度はBannedの名を冠した別のレトロが登場し、ヒールには赤い十字架、インソールにはBanのストーリーを伝えるテキストといった斬新な要素が盛り込まれた。2013年、ジョーダン1ハイブレッドの次の再リリースがもたらされ、レザーアッパーにポリウレタンコーティングを施すことで、赤の色調が少し明るくなった。同年、前足とアイステイにレッドを配し、ブラックのスウッシュをあしらったミッドトップのブレッドがリリースされた。

この時点で、ブレッドのカラーリングは世界的な現象となり、ジョーダン・ブランドはスニーカーのルックと作りをますます試し始めた。2014年には、赤いレザーパネルに描かれた印象的な象の皮のグラフィックから、ブレッド・エレファント・プリントとして知られるロートップが誕生した。エアジョーダンのウィングスを収納するハイカットの襟がないこのジョーダン1ローブレッドは、代わりにロゴがヒールカウンターに刺繍されている。これは、2015年のジョーダン1レトロバージョンを含め、ブレッドのローバージョンで標準的な慣行となった。同じ年、ブレッドのデザインをさらに2つ作り直したものが発売された。もう1つはジョーダン1 KOブレッドで、伝統的なブレッドと似たカラーだが、アッパー全体にキャンバス素材が使われ、ソールユニットはナイキ・ヴァンダルから取られ、特徴的なAJKOウィングスロゴがあしらわれている。

2016年、クラシックなスニーカーをオリジナルの形で復活させようとするジョーダン・ブランドのリマスタード・プログラムの一環として、ハイトップのブレッドが再びレトロ化された。その結果、1985年版に忠実なデザインでありながら、非常に質の高い現代的なレザーを使用した「ジョーダン1 OGブレッド バンズド」が発売された。同じ頃、サテン・ブレッドが、わずか501足の限定生産で初めて公開された。マイケルのフライトジャケットのコレクションからインスパイアされた、ベルベットのように滑らかなサテン素材で作られており、ウィングスのロゴは横襟に織りワッペンとしてあしらわれているが、それ以外はクラシックなブレッドのルックスとなっている。AJ1ウルトラハイは、ネオプレン、キャンバス、ウールなど、ブレッドに新しい素材を取り入れた別バージョンだった。そして2017年、オリジナルのイメージを踏襲しながらも、ナイキの軽量かつ耐久性に優れたフライニットを使用したハイトップ「フライニットブレッド」と、アッパーのレザー部分にグレーのカモ柄グラフィックを施し、その上に赤いスエードのオーバーレイをあしらった「ブレッドカモ」がリリースされ、テクスチャーのバリエーションはさらに広がった。

2018年は、ジムレッドのタンブルレザーオーバーレイをスムースなブラックヌバックとともに取り入れ、初期モデルをスマートにアップデートした新しいジョーダン1ミッドブレッドの形で、もうひとつのレトロデザインをもたらした年だった。この年、エア ジョーダン 1 レトロ ハイOG ブレッド トゥも登場した。1985年のブレッドの色調と、もうひとつのオリジナルAJ1カラーウェイであるブラック・トゥのカラーブロッキング効果を組み合わせた。デザインにまったく新しい次元を加え、ブレッド・トゥ・スタイルをベースにした他のシューズの登場へとつながった。その1年後の2019年、ブレッドはフットボールフィールド用に再構築され、TDクリートにはスタッズ付きのカスタム成型ソールユニットが与えられた。その後、スカイジョーダン1として知られるキッズシューズがブレッドカラーでリリースされ、そのベルクロストラップには目を引く白いジョーダンの翼があしらわれた。

2020年代に入ると、ジョーダン・ブランドはブレッドのバリエーションを増やし、この愛すべきカラーリングの生産性の高い時代が始まった。2020年、エア ジョーダン 1リバース ブレッド ローは、以前のデザインのレイアウトを反転させ、赤いオーバーレイとともに黒いトゥボックスとミッドフットをあしらった。その2年後には、オリジナルに独自のテイストを加えたミッドモデルが登場した。2021年には、アッパーにジム・レッドを多用した別のリバース・ブレッドがリリースされ、その後、ブレッドの黒と赤を基調とした2つのジョーダン1の代替モデルが登場した。ブラックレザーのアッパーにレッドの切り込みが入り、ミッドソールにレスポンシブクッショニングを採用したことを示すZoom Airのブランディングがベロに施されるなど、いくつかの変更が加えられている。もう1つのバージョンはパテントブレッドで、オリジナルのクラシックなカラーアレンジが施されているが、光沢のあるパテントレザーを使用し、ブラックとバーシティレッドのアッパーに人目を引く光沢を与えている。2021年には、オルタナティブなルックを継承したローブレッドトゥも発売された。

2022年には、ミッドブレッドトゥや、ベルクロストラップとかかと周りのジッパーを備えたFlyEaseモデルなど、さらにいくつかのブレッドトゥが作られた。オルタネート・ブレッド・トゥはまた、スタンダードなオルタネート・ブレッドと並んで、ミッドトップとロートップの両方のスタイルで登場し、それぞれ、すべてのブレッドのスニーカーに共通する白、黒、赤を基調とした微妙に異なるバリエーションが特徴だった。この年、ブレッドに新たな要素を加えたモデルが他に2つあった。持ち上がったプラットフォームソール、型破りなウィングスロゴ、そしてアウトソールを作り直したウィメンズのジョーダン1エレベート・ローSEブレッドと、「黒」と「赤」の文字で覆われたブレッドテキストだ。白のミッドソールには、「Black + Red = Bred」と鮮やかな赤でプリントされ、このカラーリングの起源に敬意を表している。

この驚異的なブレッドのリリースは2023年まで続き、サテンブレッドと エアジョーダン1 KOブレッドのロートップ・バージョンがリリースされた。同じ年、Bred Sailと呼ばれる別のバリエーションが作られた。ほぼブラックのレザーアッパーに、トゥボックス、スウッシュ、ウィングスロゴにレッドのハイライトをあしらったロートップで、オフホワイトのミッドソールがエイジド感を醸し出し、レトロな雰囲気をさらに高めている。

エアジョーダン1は、長年にわたって様々なカラーリングでリリースされてきたが、オリジナルのBredデザインは、今日まで最も人気のあるデザインの1つである。その反抗的な出自が先鞭をつけたが、その魅惑的な配色とアップデートされたモデルの数々が、何十年もの間、このシューズを支え続けてきた。ジョーダン1ブレッドの物語が発展し、よりエキサイティングなスニーカーが生み出されるにつれ、間違いなく熱狂的なファンが増え、その驚くべき遺産が続いていくだろう。

Jordan 1 Bred のレビューを投稿する
(0)

SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

継続

国を選択

ヨーロッパ

アメリカ大陸

アジア太平洋

アフリカ

中東