SPORTSHOWROOM

    フィルターオン

    • 並べ替え

    • 性別

    • ブランド (Nike)

    • コレクション (Air Force 1)

    • モデル (LXX)

    • スタイル

    Air Force 1 LXX

    ナイキ エア フォース 1 LXXは、正確なステッチで作られ、このレディースモデルに精巧な外観を与えている。これはアッパーに顕著で、シーグラスのようなバージョンでは、中足部を横切る部分で水平に2分割された型破りなスウッシュが特徴となっている。スウッシュの尻尾はリアパネルの上にあり、中足部横の縫い目でその下に回り込んでいる。スウッシュのこの部分は中央でアッパーとつながっておらず、オーバーレイというよりストラップのようになっている。その端がヒールパネルの下に入るところでは、パネルの縁に沿ったタイトなステッチが長く、緩くなり、へこんでいる。

    沈み込んだ中足部の両側では、前足部と後足部のオーバーレイのステッチは、AF1 LXXの側面の一部しか通っていない。これにより、スウッシュの前半分がクオーターセグメントの下を通るスペースができ、一方、ステッチの短いバーが、レザーであれスエードであれ、素材を上部でシューズに戻している。スウッシュの前部は水平に2分割され、下部は下に縫い付けられ、先端は1本の糸で固定されている。通常、スウッシュのフロント半分を構成する2つのパーツは異なる色で、例えばグレイシャーブルーでは、ナイキロゴの上部は白で、重ねられた下部は心地よいスカイブルーのトーンになっている。また、素材も様々で、「モルト」はレザーに毛羽立ったスエード、「ヴァンダライズド」は上部がヌバック、下部がシンセティックレザーとなっている。精巧なステッチの仕上げに、ヒールストリップとシューレースダブレー下のアイステイ下部に沿って、ダイナミックなジグザグラインが走っている。

    エアフォース1 LXXには特徴的なブランドロゴもあしらわれ、ヒールパネルには大文字で「Nike」とシンプルに記されている。ヒールパネルには、シンプルな "Nike "の大文字が大胆にあしらわれている。両足とも、外側の2つの文字は完全にデボス加工されているが、内側の文字はアウトラインのみがデボス加工されており、興味深い鏡面効果を生み出している。このリフレクティブなスタイリングは、各トゥボックスの外側半分だけを覆い、内側は滑らかなままにしているパーフォレーションにも表れている。

    一方、インソールのスウッシュはアウターと同じように分割され、プリントの向きが逆になっている。ピンクフォームのオフホワイトからライトオールウッドブラウンのブラックまで、さまざまなトーンのシューレースダブレースがある。LXXの薄いベロのパッチは、内側にはナイキエアフォース1の文字が、外側にはQRコードの横にモデルの情報が表示されるように切り替えられている。

    これらのオフビートバージョンに加え、ローカラーを維持しながらも、伝統的なスウッシュを使用することで、よりオーソドックスな外観を持つLXXのスニーカーもいくつかある。金色のシューレースダブレーズとワックス仕上げのインソールテキストのヴァチェッタ・タン、ユニークなキルティングのアッパーパネルのトースティー、脇腹に上品なスエードのスウッシュをあしらったユニバーシティ・ブルーなどだ。Floral Packのシューズもこのスタイルを踏襲しているが、どのシューズも魅力的な花のグラフィックで飾られている。スワロフスキーとのコラボレーションは、他のLXXのデザイン同様、女性のために特別に作られたもので、独特の外観のために再帰反射クリスタルをちりばめたエキセントリックなTPUプレートによって、再び物事をミックスしている。セリーナ・ウィリアムズ・デザイン・クルーもLXXの名を冠したモデルを制作している。アッパーの中央をレザーで覆い、シューレースの代わりにゴールドのジッパーでつなぐという代わりの構造だ。デザインの複雑さにかかわらず、これらのスニーカーはどれもエッジの効いた外観で、ナイキ エア フォース 1 LXXの芸術的なテーマにぴったり合っている。

    Nike Air Force 1 LXX のレビューを投稿する
    (0)

    SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

    継続

    国を選択

    ヨーロッパ

    アメリカ大陸

    アジア太平洋

    アフリカ

    中東