SPORTSHOWROOM

    フィルターオン

    • 並べ替え

    • 性別

    • ブランド (Nike)

    • コレクション (Air Force 1)

    • モデル (Jester XX)

    • スタイル

    Air Force 1 Jester XX

    ナイキ エア フォース 1 ジェスター XXは、その名にふさわしく、楽しげでオフキルターなデザインだ。アウトソールには通常の同心円のトレッドが施されているが、それ以外の部分には珍しい特徴が散りばめられている。女性のために特別に作られたこのモデルは、ミッドソールが盛り上がっており、その上には、上端をステッチでしっかりと囲んだマッドガードが靴全体を一周している。全体が紫色のヴァイオレットミスト・エディションでは、これら3つの要素はすべて同じトーンだが、他のデザインでは色に違いがあるものもある。ブラックのアウトソール、ホワイトのミッドソール、オフホワイトのマッドガード、そして鮮やかなレッドとオレンジのシューレース。アッパーのレザーパネルは平らな面に縫い合わされており、きれいな直線が滑らかな印象を与えている。アイステイ部分だけがオーバーレイされており、かなりオーソドックスな外観を保っている。一方、トゥボックスには幾何学的な格子状に配置されたパーフォレーションがある。足の甲の上には、AF1をエッチングしたシューレースロックがあり、トリプルホワイトのモデルのように、シューレースを固定する部分と同じトーンになることが多い。透明なダブレーにグレーのシューレースを通したフローラルプリントのようなスニーカーもある。

    エアフォース1ジェスターXXのスウッシュは、アウターから落ちるように見え、ラテラルのスウッシュはミッドソールの上を滑り落ち、インサイドのスウッシュのテールはミッドソールの中に消える前に同じ特徴に向かって傾いている。それぞれの側面には、通常ならスウッシュがあるはずの場所に、小さな穴が点線で記されている。AF1ジェスターXXのヒールパネルも通常の位置から下がり、ミッドソールの端で靴の内側に向かって下を向き、ヒールストリップはその後ろの襟まで達している。ナイキのテキストとスウッシュがデボス加工され、通常ならベロの上にあるタグにもブランドロゴが見えるが、今はエアフォース1ジェスターXXの横のスウッシュとヒールパネルが接する部分からはみ出している。

    このスニーカーのほとんどのバージョンでは、スウッシュ、ヒールパネル、ブランドタグは同じ色合いで、その一例がライトクリームで 、ベージュのアッパーが他のパーツの淡いグリーンと対照的である。これはナイキ エア フォース 1 ジェスター XXのハイモデルにも言えることで、襟は足首の上まで伸び、ヒールパネルを通ってすねの前面に回り込むベルクロ留めのストラップで固定されている。このストラップは面ファスナー式で、シューズの他の部分と同じトーンで装飾された金属製のリングが付いている。例えば、プラム・チョークのカラーウェイでは、マッドガード、スウッシュ、ヒールパネルに合わせて紫色になっており、ピンクのアッパーとのコントラストも効いている。このような違いを除けば、ハイトップバージョンは、ヒールパネルにナイキエアーの文字がフルでデボスされているが、それ以外はローと同じオフビートなルックスだ。インソールには、「Engineered for all day everyday comfort」の文字とともに、ナイキのテキストとスウッシュが楕円形にプリントされている。

    Nike Air Force 1 Jester XX のレビューを投稿する
    (0)

    SPORTSHOWROOMはcookieを使用します。Cookieポリシーについて

    継続

    国を選択

    ヨーロッパ

    アメリカ大陸

    アジア太平洋

    アフリカ

    中東